近畿大学附属広島高等学校・中学校東広島校

緊急時の対応

気象等の警報が出た場合の対応は原則、以下のようになっております。

  1. 朝6時00分現在、東広島市で、特別警報、大雨・洪水警報、暴風、暴風雪警報が発令されている場合は、自宅待機とする(波浪、高潮、大雪警報は除く)。

  2. 朝9時00分までに警報が解除された場合は、11時から始業とする。
    保護者の判断のもと、生徒は安全を確認して登校する。
    なお、9時00分現在、警報が解除されない場合は、その日は臨時休業とする。

    ※朝6時00分以前に自宅を出る生徒の場合
    ・自宅を出る予定時刻に警報が発令されていない場合は、通常どおり登校する。
    ・自宅を出た後、警報が発令された場合→状況を見て、安全な場所に避難したり、帰宅したりする。

  3. 朝6時00分現在、東広島市で警報が発令されていないが、生徒の居住地あるいは通学途中のエリアで警報が発令されている場合、該当生徒は自宅待機とし、登校しない。
    ただし、学校は開校しているので、12時までに警報が解除され、安全が確認できた場合は、保護者の判断のもと、登校する。

    ※警報発表中(警報が解除されていない場合)の自宅待機に係る遅れ、欠席については、遅刻・欠席とはしない。

気象警報発表時の対応フローチャート

平成28年4月1日

気象警報発表時の対応フローチャート図